既婚者でもバレない出会い系アプリを使ったセフレの作り方って?

Uncategorized

既婚者がセフレを作りたいと思った時、よくあるのは会社の後輩に手を出したり大学時代の友達と関係を持ってしまったり。

身近な人間関係の中で不貞を働いてしまうと、たちどころに奥さんにバレて慰謝料を請求されることになってしまいます。

出会い系アプリを使えばバレにくいですし、最近のアプリはハンドルネームで使えるものが多くゲーム感覚で使えますよ。

おすすめはsanmarusanというアプリで、セフレ希望の男女が集まるSNSです。気になったら最初は無料で使ってみてください。

既婚者でもセフレはできる?できない?

既婚者男性がセフレほしいと思ったとき、「どうせ自分なんて…」と思っていませんか。

顔やルックスに関係なく、今の時代ならアプリで簡単に多数の女の子と関われる時代です。年齢による格差も少なくなっており、20代の若い女の子が30代や40代の既婚者男性と付き合うなんてことが普通に行われています。

さらに既婚者の場合には心の余裕がありますから、より女子にモテやすくなるメリットも。慌てる乞食はもらいが少ないと言うように、余裕のない男性は一番モテづらいですからね。

一度結婚までたどり着けている余裕ある男性ならセフレの1人や二人作るのは簡単なことだと言えるでしょう。

セフレがいることをバレないようにするには

相手にこちらは既婚者だと黙ってお付き合いしたり、騙すようなお付き合いをすることでバレることにつながります。

なぜなら、怒ったセフレ関係の女性が奥さんに知らせる行動に出てしまうことがあるため。

そのため、セフレ関係になるなら以下の条件に合致した女性を選ぶといいでしょう。

1.セフレになることを承知した女性

あなたベタ惚れしていて、既婚者のセフレでもいいと割り切って付き合うことができる女性です。

もちろん奥さんの存在は隠すことなく、既婚者であることを伝えてストレスフリーなお付き合いができる女性がいいですね。

お互い納得したうえで付き合うなら問題にならないですし、土日など家族サービスがあるタイミングでは気を遣ってくれるなど優しさも見せてくれる女性がベストです。

逆に奥さんなどに嫉妬して「奪ってやろう」「離婚してくれないの?」などと言ってくる女性は要注意だと言えます。

2.既婚者女性

こちらが既婚者なら、相手にも既婚者だったらお互いにwin-winの関係を構築できます。

お互いにパートナーがいることで安定してお付き合いができますし、休日など口実を合わせて会うことがしやすいですよね。

お互いの家族に配慮したお付き合いができるのが既婚者女性の魅力だと言えます。

不自然な行動を取ることがなく、自然な行動の積み重ねで二人の関係は誰にもバレることはありません。

いわば一蓮托生の関係ですが、お互い同じ立場だからこそわかりあえることもあるでしょう。

会う時間帯など調整しやすいという点から、既婚者同士の不倫や浮気がおすすめです。

セフレ関係をバレないようにするには

セフレとして付き合う女性のタイプについて見てきたところで、次に二人の関係がバレないようにする方法について見ていきます。

1.LINEはなるべく使わない

お互いに会う時、連絡手段としてLINEなど証拠が残るものはなるべく使わないようにしたほうがいいでしょう。

あとから証拠として抑えられてしまうことがありますし、寝ている間などにチェックされてしまっては会っていることがバレてしまうことにつながります。

LINE自体にはカギをかけることもできないですし、トーク履歴は消さないと残ったままになってしまってますよね。

そうではなく、Twitterやフリーのメアドを使うことでリスク回避していきましょう。

Twitterで鍵付きのアカウントを作って共有すればそこで連絡がとりあえますし、鍵付きなのでお互いにバレずに運用することもできます。

もちろんスマホから直接見られてしまってはバレそうですが、Twitterのアカウントなどどうとでも誤魔化せますからね。これは自分のアカウントではないと言えば納得してもらえるでしょう。

アカウント作成はフリーのメアドを使うことでバレにくくすることもできますね。

2.休日に合わない

休日出勤が多いと「浮気ではないの?」「誰かと会っているのではないか」など疑われて探偵など雇われてしまうリスクにもつながります。

なるべく会うのは平日夜にして、土日などは家族サービスに使うようにすることでセフレ関係がバレることが少なくなりますよ。

どうしても休日に会わなければいけない時には本当に休日出勤して、その後に飲み会などと偽ってセフレと会うことでしっかり証拠を作ることもできます。

また休日に家族サービスをしないことで奥さんにストレスや不満を溜まった状態にさせてしまいますから、そうならないためにも休日はしっかりと家族で過ごす時間にあてましょう。

コメント